総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事
パソコンを長時間使う人にオススメの健康食品

レーシック手術のメリット

視力回復を行うレーシック手術とはエキシマレーザーと言う安全性が比較的高いレーザーを使用して角膜の屈折を直し、視力を回復させると言う手術になります。
この手術を最先端で行っているのが米国で、年間130万を超える様な症例が実施されている様ですが、日本でも1995年にFDAが認可をしてから飛躍的に発展して来ていると思います。

この手術を行っていたのは、最初は有名人の人やスポーツ選手などが中心になって行っていましたが、近年では一般の方もかなり受けている様で今後も増加していく傾向にあると思います。

ではこのレーシックのメリットとは一体どのような物があるか記述してみたいと思います。

まず一番のメリットとしては裸眼で生活が出来ると言う事に尽きるのではないでしょうか。メガネやコンタクトなどの煩わしさから解放されますので金銭的負担も無くなると思います。

また眼が悪いと目が疲れやすくなってしまったり、肩凝りが酷くなってしまったりしますが、目が良くなるだけでそれが解消される可能性があります。また近視が原因で病気になる眼病と言うのもありますが、その眼病予防にもなるというメリットがあります。

次にメガネやコンタクトをしているとスポーツの時などに障害になっている部分と言うのも多々あったかと思うのですが、裸眼でスポーツが出来る様になるので激しいスポーツでも思う存分楽しむ事が出来るようになります。

上記の他にもメリットはあると思いますが、主なメリットは上記の様な事だと思います。


posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 18:00 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

視力回復によるレーザー手術の最新技術





momobgyoko.JPG

視力回復
レーザー手術の最新技術
レーシック老眼治療と視力回復

視力を回復させる為に行うレーザー手術(レーシック)は近年安全性の高さと手軽さが認められる様になり、それを受けて手術する人もかなり増えてきている様です。

このレーザー手術(レーシック)について、安全性の高さや特徴、手術方法等様々な事について記述してみたいと思いますから参考にしてみて下さい。

目の遠視や近視と言うのは眼球や角膜の屈折異常によって起きていると言って良いと思います。この屈折を目の外部から矯正しようとしているのが、馴染みがあるメガネやコンタクトです。
また、目の内部にある角膜の屈折を矯正しようとしているのが、レーザー手術なのです。
まず手術の方法についてですが、目の角膜の一部分を医療用超小型電動カンナ(マイクロケラトーム)で削り、角膜の上部分にフラップと言う蓋状の薄い皮を作ります。
この作ったフラップを開いてみて、中にある角質にレーザーを当てる事により、角膜の形状を変えていきます。形状を変える事で屈折を治し、視力を回復させるようにします。その後開いたフラップを消毒して元に戻し終わりです。
これはレーザー手術(レーシック)の手術方法なのですが、イントラレーシックと言う手術方法もあり、これはフラップを作る工程の時、マイクロケラトームではなくレーザーを使います。これにより、手術後に起こるハロ等の症状を抑える事が出来るのです。
また今まで失明したと言う報告が無い事、イントラレーシックによって様々な後遺症の発生を減少させている事などからレーザー手術(レーシック)の安全性の高さも伺えると思います。



エコポイント制度スタート!家電品のあまりの安さにテレビ、雑誌の取材殺到!
激安!家電のタンタンショップは
こちら!


携帯電話と最新デジタルガジェットセット


【楽天トラベル】あっつい夏がやってきた!夏の旅行特集

 

posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 18:00 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシックと言う手術について

視力が悪くてメガネやコンタクトを着けている人であれば一度は目にした、耳にした事がある「レーシック」と言う手術があると思います。

まず近視の状態と言うのは目のピントを上手く合わせることが出来ないと言うのが原因なのですが、ピントを合わせるというのは角膜の厚みに対して合わせなければならないので、レーシックで角膜の方の厚みを変えて上げる事によってピントを合わせる様にしていくのがレーシックと言う物です。

レーシックとはレーザーを使って行うので、レーザーで角膜の一部を削る様な手術方法を取る事になります。

現在レーシック手術と言うのは世界各国で行われているので、珍しい手術ではないです。この手術の効果は高いし、手術時間は短いし、入院する必要もなく日帰り出来ちゃうので本当にメリットがたくさんある手術だと思います。

またレーシックのすごい所は自分が希望した視力にする事が可能らしく、例えば1.5にしたい場合は1.5に出来ちゃうし、2.0にしたい場合には2.0に出来ちゃうのでとてもすごい技術だと思います。

レーシックを受けたいと考えている人の大半はコンタクトを使用している人が多いらしく、メガネが嫌でコンタクトをしていたけど、レンズのケアは面倒だし、意外とコストはかかるしでもう煩わしいと思った人が、たった一回手術を受けるだけで良いのであればと言う事でレーシックを受ける人が多いみたいです。

またコンタクトやメガネは視力が悪くなっていく可能性がありますが、レーシックならば視力そのものを矯正するので、低下を防いでくれると言う効果もあるのです。



posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 18:00 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

視力回復のレーザー手術についての説明

視力回復をさせるレーザー手術に関してですが、いくら安全性が高いとは言っても手術自体は人の手で行われます。ですから110%大丈夫なのか?と聞かれたらそうとは限らないと言うしか無いのが現状だと思います。

でも視力回復に関わるレーザー手術に関しては基本的には安心で、問題が無いと考えても良い様に思えるレベルである事は事実です。

失敗と言うレベルでは無いにしろ、レーザー手術を行った後に一時的であるにしろ合併症や後遺症があると言う事も見過ごす訳には行きません。

ではどんな合併症等があるか心配ですよね?どんな合併症があるかと言うと、光に関する症状が多く、例えば光を見てみて何となく光り全体がボヤーッとした感じに見え、光の輪が出来ている様な感じで見える事があるそうです。
これを「ハロ現象」と言う様に呼んでいます。後は光を見るとものすごく眩しいと感じてしまう現象を「グレア」現象と読んでいます。

合併症が起きてしまうのはある意味仕方の無い事かもしれません。何故ならレーザー手術では角膜の一部をレーザーで削らなければならないのですから、何かしらの症状が出ても不思議はないですよね。

と上記で記述した様に考えてみると視力回復をする為の手術はいくら安全性が高いレーザー手術だとは言ってもある程度のリスクを負わなければならないと言う事になります。
そういった事をきちんと認識した上で手術に臨むようにすると心構えも変わってくると思います。



posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 18:00 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

視力回復に関するレーザー手術の方法

視力回復に関する方法としてレーザー手術があります。そのレーザー手術には1種類だけでなく色々な種類があるのをご存知でしょうか?
その中で一番有名で今や主流ともなっているレーザー手術が「レーシック」と呼ばれている「レーザー角膜屈折矯正手術」と言う手術です。

この「レーシック」と言う手術は目の角膜に直接レーザーを照射する事により、視力を矯正させると言う方法で、現在では物凄く人気がある視力回復手術になっています。
この手術の他にもイントラレーシックと呼ばれるレーシックより更に技術が進化した物もありますし、エピレーシックと呼ばれるちょっとレーシックでは手術が扱えないような近視が強い人、角膜が薄い人でも受けられる様な手術もあります。

視力を回復させるレーザー手術には手術を受ける前に受けられるかどうかの適応検査を受けなければなりません。
例えば適応検査で引っ掛かる人と言うのは、緑内障、白内障などの目に関する病気を患っている人、目の角膜が薄い人などが挙げられます。

次に手術の費用に関してですが、これは手術を行っている病院によってバラバラだと思います。この手術は自由診療と言う枠に入っている為に、病院側で費用を決定してもいいような設定になっています。
しかし大よその値段としては20万前後と思っていればいいのではないかと思います。しかし、これはあくまでも手術代としてなので検査代や薬代なども含むと更にかさむ事も了承しておきましょう。



posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 18:00 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

視力回復レーザー手術レーシックについて

視力を回復させる方法にレーシックと言うレーザー手術があるのですが、手術を受ける前に適応検査と言う物をしなくてはならず、不適応だと判断された場合には手術を受ける事が出来なくなります。
では、手術が受けられない場合とはどんな場合があるのでしょうか?

「角膜が薄い方は手術出来ません。」
「白内障等の目の病気になっている方は手術出来ません。」
「現在妊娠中の方、または授乳中の方は手術出来ません。」
「現在目の治療、特に近視治療を行っている方は手術出来ません。」
「18歳未満の方は目が成長している段階と考えられている為、手術出来ません。」
等、上記に該当する方は不適応と言う事になります。

また18歳以上でも未成年者の場合には保護者の同意が必要のため注意しましょう。

よく質問に片目だけ手術を受ける事が可能かどうかと言う質問を受けますが、片目だけでも手術は可能で、手術しないもう片方の視力に合わせてレーザーを当てて調整して行きます。

また、適応検査と手術は同日に行う事が出来ません。何故なら適応検査時に瞳孔を開く様な目薬を使っている為です。でも翌日には手術出来る様になりますので安心して下さい。

レーシックをする時には最低でも3回は通院しなくてはならず、「術前検査」「手術」「術後検診」を受けなくてはなりません。

またよっぽどじゃない限り手術同日に帰る事が出来ますので意外と気軽に受けて頂く事が出来ます。但しアイメイクは1週間ほど、避ける様にして下さい。



posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 18:00 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシックの手術効果について

視力回復レーザー手術「レーシック」についてですが、この手術を何回位受ければ視力は上がると思いますか?と言う不安を抱いている方はいるのではないでしょうか。
答えは1回の手術で視力を回復させる事が出来ます。しかし100%と言う訳ではなく、稀に視力が戻ってしまう人もいるそうです。

また手術後は手術の翌日から普通にメガネやコンタクト無しで見える様になる場合が殆どの様です。しかし個人差がありますのでこれに限りません。
このレーシック手術は遠視や近視、乱視の人であれば手術する事が可能なのですが、老眼に関しては矯正が難しいと言われています。

次に手術のリスクについてですが、レーシックでの一番の不安は手術が失敗して逆に目が見えなくなってしまう事があるのではないかと言う事だと思います。
今のところレーシックが失敗して失明したと言う報告は国内外共に無いそうですので、比較的安全な治療だと言う事が分かると思います。その理由としてはレーシックと言うのは角膜にレーザーを照射して屈折を矯正する手術であって、眼球内部には影響がありません。ですから失明すると言う事は考えにくいと言う事になります。

手術の時には点眼麻酔をするので、痛みは感じませんので安心して手術を受ける事が出来ると思います。また日本ではレーシックは最近導入された手術ですが、口コミも手伝ってか毎年手術を受ける人が増加しています。

手術費用ですが、大体20万〜50万円位かかると思います。安い治療費だとは言えませんが結果的にコンタクトやメガネ代と言った物がかからなくなりますので、長期的に見たら同じ位か安い感じになると思います。



posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 18:00 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシックでのデメリット

レーシック手術 のデメリット


レーシック とは視力回復が見込めるレーザー手術の事です。メリットもたくさんありますが敢えてここではデメリットの事を挙げてみたいと思います。

【デメリット】
・手術費用が高い
レーシック でかかる費用と言うのは決して安い物ではありません。但し長期的にみてメガネ代やコンタクト代を考えてみると結果的には安くなるかもしれません。この打開策としてはもし生命保険に加入していた場合、手術給付金が適用されれば格安になる場合があります。

・合併症の可能性
レーシック 手術の後、暫くの間は視力が多少不安定になる場合があります。またその他の症状としてはドライアイになる可能性もありますので、暫くは安定しない場合があります。

・安全性が確立されていない
レーシック 手術で失明したと言う報告は国内、海外ともに今の所何もありませんので、非常に安全性の高い手術だと思いますが、日本国内においては レーシック が導入されてからまだまだ歴史が浅いです。ですから長期間に渡っての経過報告がないので確立されていないと言うのが現状の様です。と言う意味から長期間に渡っての安全性が確立されていないと言う事になります。

・誰でも手術が出来る訳ではない
レーシック手術 を行う際には必ず適応検査と言う物を受けなければなりません。角膜の厚さなどを調べるのですが、結果によっては手術を受ける事が出来ない場合があります。また年齢によっても受けられないので、誰でも レーシック の手術が受けられる訳ではありません。





posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 17:01 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシックについて

老眼って誰でも年齢を重ねたらなってしまうと言ったような印象があるのですが、もし予防ができるとしたらしたいって思いますよね。

「レーシック」と言う言葉を聞いた事があるでしょうか?レーシックとは角膜にエキシマレーザーと言うレーザーを使って角膜に照射して一部を削り、角膜が屈折している部分を正常に治して視力を矯正させると言う手術の事を指しています。字で書くと難しい手術の様に感じると思いますが、手術時間も短時間な上、比較的安全である事から注目を浴びている視力回復方法だと思います。

【メリット】
・今までかけていたメガネをかけなくて済む
・コンタクトを毎日着け外ししなくても済む
これらは、メガネやコンタクトをずっと使っている方にとっては一番のメリットなのではないかと思います。眼鏡が辛かったりコンタクトを毎日着けたり外したりするのは煩わしいと思いますので、これらから解放されるのはかなりストレス解消になると思います。

・値段が結果的に安く済む
レーシックにかかる料金は結構高いかもしれませんが、これから一生かかるメガネやコンタクト代と比較すると結果的に手術代の方が安くなると思うのです。

・生命保険の手術給付金が適用される可能性がある
生命保険に加入している人で、手術給付金が支払われる様なコースに加入している人であれば一番良い場合で、手術代がほぼタダになる可能性があります。

・痛みが殆ど無く、手術自体も短時間で終了させる
レーシックで手術をする場合には、点眼麻酔をします。そのお陰で手術では痛みを伴う事は殆どありません。また、両目合わせても手術時間は30分かからない位で終わりますので短時間で済みます。






posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

視力回復に関する手術って?

位置情報視力回復に効果があるレーシック手術とは一体何の事なのでしょうか?今話題のレーシックと言う手術と言うのは近視を治す事が出来るレーザー手術の事を指しています。

レーシックと言うのは目の角膜をレーザーで削って視力を回復させる事が出来る手術になります。レーシック手術のメリットとしては以下の様な事が挙げられます。

・痛みを感じる事が殆ど無いので安心
・手術時間が片目で10秒程と超短時間の為、不安を募らせないで済む
・手術が終わった後の回復も早いです
と言う様にメリットが多くあります。



レーシック治療のイメージ
近年パソコンを使う人が増えてきた事から、視力も落ちている人が多くいます。そんな現代の状況を反映しているせいか年間手術を受ける人も増えて来ている様です。

位置情報視力を回復させる方法と言うのは結構色々あると思いますが、このレーシックと言うレーザー手術は結構有名だし、効果もそれなりにあるので良いのではないかと思います。
その効果と言うか、どの程度回復させる事が出来るのかと言うのはとても気になる所だと思います。

極端に言うと、視力が0.1無かった人が2.0になってしまう位すごい回復力があるのです。これは驚きだし眼鏡が無くても見える世界ってどのようなものか凄く期待しちゃいますよね。

ただ、目の角膜を削るのですから「失敗しないのかな?」と言う不安を持つ人も多いと思います。もちろん100%成功と言う保障はどこにも無いけど、ほぼ大丈夫と言っていいと思います。
失敗したと言っても先ほど2.0に視力がなる予定だったのが、1.5位にしかならなかったと言う程度だと思って戴ければいいと思います。




posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 15:49 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

老眼に対する予防と対策

老眼って誰でも年齢を重ねたらなってしまうと言ったような印象があるのですが、もし予防ができるとしたらしたいって思いますよね。

では、老眼の予防策とはいったいどんなものがあるのでしょうか?
老眼になるのには大きく分けて2つの原因があると言われています。そのそれぞれの原因に対して対策をする必要があるのです。

まず、ひとつめの原因に加齢による老眼というのがあります。
加齢による老眼は老化現象のひとつですので、食い止めることはできないのが実情です。
しかし、同じ老化現象でも体は若くまた健康に保つことができますよね。だから目も若く健康に保つように努力することができるのです。
対策として簡単にできるのは、バランスがいい食生活、ブルーベリーなど、目にいいとされている栄養素の摂取などがいいと思います。
また食生活で補えない場合は、サプリメントなどで補うと言った方法もあります。
しかし、これはあくまでも補助的な役割として使うようにしましょう。
<また、老眼になってしまうもうひとつの原因として、眼を酷使すると言ったものがあります。
現代生活において、テレビやゲーム、携帯電話、パソコンなどは今や当たり前のように使っていると思います。
できるだけ使用する時間を減らしたり、集中的に使うのを避けたりして眼を休ませたり、運動させたりするようにして、眼が緊張しているのを解してあげることが大切となります。

眼の酷使で老眼になってしまうと言うのは現代病そのものです。
普段の生活を少し見直してみるだけで、老眼予防ができると思います。



posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 11:12 | Comment(0) | 老眼予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

老眼治療の効果とは


今老眼で老眼鏡をかけるような生活をしている人にとって、もし老眼が治ると言うのであれば、どんなに嬉しい知らせだと思うでしょう。

もし、老眼が治った場合、日常生活において以下のような事がメリットになるのではないかと思います。
まずは新聞や雑誌などを読むときに老眼鏡をかけなくて済むようになる。小さい文字がぼやけずにハッキリ見えると言うのは何より嬉しいことかもしれません。

老眼鏡を常に持ち歩く必要がなくなるので、無くしたと言って家中を探し回ることもないし、忘れたと言って外出先で困ることもありません。

また、階段を降りるのが怖いと言った不安もなくなると思いますし、携帯やパソコンもなんなく見られるようになります。

また、50代や60代の方が老眼鏡と言うのはまだいいとしても、40代なんて若いときに老眼になってしまったら老眼鏡を買いに行くのも恥ずかしいと思ってしまうかもしれません。
老眼が治るとその悩みからも解消されると思いますよ。

また、女の人にとって化粧が一番困るのではないでしょうか。メガネかけながら化粧はできませんものね。そういった煩わしさからも解放されます。

また、身体的症状として目が悪いと頭痛が起きやすくなったり、眼精疲労、肩こりなどの原因になったりもしますので、それらが解消されるというのも大きなメリットではないでしょうか。

まだメリットはあると思いますが、老眼が治療できるとさまざまな効果が得られるようになると思います。


posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 11:41 | Comment(0) | 遠近両用眼内レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシックでのデメリット

レーシック手術 のデメリット


レーシック とは視力回復が見込めるレーザー手術の事です。メリットもたくさんありますが敢えてここではデメリットの事を挙げてみたいと思います。

【デメリット】
・手術費用が高い
レーシック でかかる費用と言うのは決して安い物ではありません。但し長期的にみてメガネ代やコンタクト代を考えてみると結果的には安くなるかもしれません。この打開策としてはもし生命保険に加入していた場合、手術給付金が適用されれば格安になる場合があります。

・合併症の可能性
レーシック 手術の後、暫くの間は視力が多少不安定になる場合があります。またその他の症状としてはドライアイになる可能性もありますので、暫くは安定しない場合があります。

・安全性が確立されていない
レーシック 手術で失明したと言う報告は国内、海外ともに今の所何もありませんので、非常に安全性の高い手術だと思いますが、日本国内においては レーシック が導入されてからまだまだ歴史が浅いです。ですから長期間に渡っての経過報告がないので確立されていないと言うのが現状の様です。と言う意味から長期間に渡っての安全性が確立されていないと言う事になります。

・誰でも手術が出来る訳ではない
レーシック手術 を行う際には必ず適応検査と言う物を受けなければなりません。角膜の厚さなどを調べるのですが、結果によっては手術を受ける事が出来ない場合があります。また年齢によっても受けられないので、誰でも レーシック の手術が受けられる訳ではありません。




posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 16:07 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ http://www.e-imb.jp/hitomi/images/01scary_img01.jpg
メガネなしでもよく見えて1日3分で視力回復「ピンホールアイマスク」
レーシック 老眼治療 視力回復レーザー治療
NEWインターネット上の共通ポイントプログラム⇒ネットマイル
無料会員登録はこちらから
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。