総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事
パソコンを長時間使う人にオススメの健康食品

ヒアルロン酸注射で若返り

レーシック 老眼治療 ヒアルロン酸
ヒアルロン酸注射で若返り
http://hiraruron-san.seesaa.net/article/114842522.html

法令船.jpg


posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 10:02 | Comment(0) | 病気予防健康関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

視力回復のレーシック手術についての説明

レーシック 老眼治療と視力回復
視力回復のレーシック手術についての説明
視力回復をさせるレーシック手術に関してですが、いくら安全性が高いとは言っても手術自体は人の手で行われます。ですから110%大丈夫なのか?と聞かれたらそうとは限らないと言うしか無いのが現状だと思います。
でも視力回復に関わるレーシック手術に関しては基本的には安心で、問題が無いと考えても良い様に思えるレベルである事は事実です。

眼科.jpg


失敗と言うレベルでは無いにしろ、レーシック手術を行った後に一時的であるにしろ合併症後遺症があると言う事も見過ごす訳には行きません。
ではどんな合併症等があるか心配ですよね?どんな合併症があるかと言うと、光に関する症状が多く、例えば光を見てみて何となく光り全体がボヤーッとした感じに見え、光の輪が出来ている様な感じで見える事があるそうです。これを「ハロ現象」と言う様に呼んでいます。後は光を見るとものすごく眩しいと感じてしまう現象を「グレア」現象と読んでいます。
合併症が起きてしまうのはある意味仕方の無い事かもしれません。何故ならレーシック手術では角膜の一部をレーザーで削らなければならないのですから、何かしらの症状が出ても不思議はないですよね。
と上記で記述した様に考えてみると視力回復をする為の手術はいくら安全性が高いレーザー手術だとは言ってもある程度のリスクを負わなければならないと言う事になります。
そういった事をきちんと認識した上で手術に臨むようにすると心構えも変わってくると思います。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

視力回復レーシックコム
posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 11:34 | Comment(0) | レーシック手術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

視力回復に関するレーザー手術の方法

レーシック 老眼治療と視力回復
視力回復に関するレーザー手術の方法

ノートパソコン2.jpg

視力回復に関する方法としてレーザー手術があります。そのレーザー手術には1種類だけでなく色々な種類があるのをご存知でしょうか?
その中で一番有名で今や主流ともなっているレーザー手術が「レーシック」と呼ばれている「レーザー角膜屈折矯正手術」と言う手術です。
この「レーシック」と言う手術は目の角膜に直接レーザーを照射する事により、視力を矯正させると言う方法で、現在では物凄く人気がある視力回復手術になっています。この手術の他にもイントラレーシックと呼ばれるレーシックより更に技術が進化した物もありますし、エピレーシックと呼ばれるちょっとレーシックでは手術が扱えないような近視が強い人、角膜が薄い人でも受けられる様な手術もあります。
視力を回復させるレーザー手術には手術を受ける前に受けられるかどうかの適応検査を受けなければなりません。例えば適応検査で引っ掛かる人と言うのは、緑内障、白内障などの目に関する病気を患っている人、目の角膜が薄い人などが挙げられます。
次に手術の費用に関してですが、これは手術を行っている病院によってバラバラだと思います。この手術は自由診療と言う枠に入っている為に、病院側で費用を決定してもいいような設定になっています。しかし大よその値段としては20万前後と思っていればいいのではないかと思います。しかし、これはあくまでも手術代としてなので検査代や薬代なども含むと更にかさむ事も了承しておきましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 17:54 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

視力回復レーザー手術「レーシック」

老眼治療 レーザー手術 レーシック
視力回復レーザー手術「レーシック」

視力を回復させる方法にレーシックと言うレーザー手術があるのですが、手術を受ける前に適応検査と言う物をしなくてはならず、不適応だと判断された場合には手術を受ける事が出来なくなります。
では、手術が受けられない場合とはどんな場合があるのでしょうか?
「角膜が薄い方は手術出来ません。」
「白内障等の目の病気になっている方は手術出来ません。」
「現在妊娠中の方、または授乳中の方は手術出来ません。」
「現在目の治療、特に近視治療を行っている方は手術出来ません。」
「18歳未満の方は目が成長している段階と考えられている為、手術出来ません。」

等、上記に該当する方は不適応と言う事になります。

また18歳以上でも未成年者の場合には保護者の同意が必要のため注意しましょう。

よく質問に片目だけ手術を受ける事が可能かどうかと言う質問を受けますが、片目だけでも手術は可能で、手術しないもう片方の視力に合わせてレーザーを当てて調整して行きます。

また、適応検査と手術は同日に行う事が出来ません。何故なら適応検査時に瞳孔を開く様な目薬を使っている為です。でも翌日には手術出来る様になりますので安心して下さい。

レーシックをする時には最低でも3回は通院しなくてはならず、「術前検査」「手術」「術後検診」を受けなくてはなりません。

またよっぽどじゃない限り手術同日に帰る事が出来ますので意外と気軽に受けて頂く事が出来ます。但しアイメイクは1週間ほど、避ける様にして下さい。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 15:26 | Comment(0) | レーシック手術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

視力回復手術の費用

目の健康に欠かせない成分「ルテイン」を配合した「瞳の友S」

momobgyoko.JPG

視力回復手術の費用について
レーシック 老眼治療と視力回復

視力回復手術は保険が効かない手術になっていますので、医療機関側が値段を決める事が出来ます。ですから病院によって値段のバラ付きが出て来るのはある意味仕方の無い事だと思います。

視力回復手術の中にはレーザーを使って手術する方法があり、その中でも最も有名なのが「レーシック」と言う方法です。しかしレーザーを使って行う手術は「レーシック」だけではなく、他にも種類があり、それぞれで費用も違いますので、手術の特性、費用をよく理解した上で手術を受けると納得が出来る様になるかもしれません。手術費用に納得しないと不満だけが残るようになってしまいます。

視力回復手術費用に関する話でもう1つ、保険は適用されるのか否かと言う事ですが、健康保険を使用しての適用は受けられないので全額自費と言う事になりますが、もし今生命保険に加入しているのであれば、担当の保険外交員に聞いてみて下さい。
もしかすると手術給付金が付くようなタイプになっているかもしれません。そうなると殆どの手術費用が負担してもらえるかもしれないと言う事になります。
但し、この様に手術給付金を申請する人が急増してきた事から、新しい保険商品の特約からは「視力回復手術は除く」と言う但し書きが付けられる様になったそうですのでよく確認をする必要があります。
この様に視力回復のレーザー手術に関する費用の面では色々と問題が起きるかもしれませんが、よく理解し、納得し、調べた上で受ける様にするのが良いと思います。






posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 19:34 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシックとは!

レーシック資料一括請求!!

momobgyoko.JPG

レーシックとは!
レーシック 老眼治療と視力回復


レーシックとは一体どのような物なのでしょうか?

レーシックのやり方についてですが、まず眼球を固定した上で角膜の表皮を薄く剥がしていきます。表皮の一部分が角膜にくっついている状態でフラップと呼ばれる蓋みたいな形状の物を作成します。
そのフラップの内側に角膜実質層と呼ばれる組織があるのですが、そこをエキシマレーザーと呼ばれる最先端レーザーを使って削り、目の屈折力を変え視力の回復をはかるのです。そしてフラップを元に戻し終わりです。

レーシック治療のウソ、ホント―近視レーザー手術の疑問点を解消 (メディカルサロンの健康学習文庫)

レーシック治療のウソ、ホント―近視レーザー手術の疑問点を解消 (メディカルサロンの健康学習文庫)

  • 作者: 根岸 一乃
  • 出版社/メーカー: メディカルサロン
  • 発売日: 2005/04
  • メディア: 単行本



この方法を取ることにより目の奥にある網膜のちょっと前で焦点を当てて見ていた物を、網膜の上で合わせる事が出来る様になり、ブレないではっきりと物を見る事が出来る様になります。

このレーザーで作ったフラップを元に戻すと言う工程をする事により、安全性がより高まり、回復力も高まったみたいです。
手術時間も大幅に短くなり、両目で10〜20分程で終わるようになりました。また視力の回復度合いも個人差はあるにせよ、大抵の場合には翌日迄には回復しているみたいです。

この様な視力回復のレーザー手術とはどのような方が受けられるのでしょうか?少し前までは芸能人やスポーツ選手などメガネがあると仕事に支障がある様な方が受けていましたが、今ではこの手術も一般的になり、メガネが煩わしかったり、コンタクトが面倒だったりと言う理由で受けている人も多くなって来ている様です。

視力回復のレーザー手術は費用も高いとは思いますが、一生メガネやコンタクトを使い続けてコストがかかると思うと意外に手術の方が安く上がる場合もありますので、よく考えて手術を受けるかどうか決めてみましょう。






posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 18:45 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

視力回復手術が失敗しない為に

レーシック
視力回復手術が失敗しないために
レーシック 老眼治療と視力回復

視力を回復させる為の方法としてレーザー手術を行う方法がありますが、この手術で失敗をしない為には手術についてよく知っておく必要があるのです。

近視矯正手術レーシックの正しい受け方

近視矯正手術レーシックの正しい受け方

  • 作者: 加藤 卓次
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2002/12
  • メディア: 単行本


まず、視力回復手術費用に関する事ですが、保険適応外の為に110%負担をしなくてはならないので高く付くようになります。
しかし、ご自身が加入している生命保険を見直してみて手術給付金の対象になっている場合にはかなりの額を賄ってもらえると思いますので是非調べておく必要があります。
そして直接そのクリニックに出向き、費用がいくら位かかるのか見積もってもらう必要もあります。その方が金額に対する心構えと言う物が出来ると言う事です。
次に失敗しない為には必ず事前検査を受けておかなくてはならないと言う事です。
視力回復手術出来るかどうかを判断する検査なのですが、例えば角膜が薄いとレーシックの手術を受ける事が困難になります。
どんなにやりたくても実際に医師に診せて出来ないと言われたら諦めもつきますよね。
目と言う取り返しが効かない場所を手術する訳ですからしっかりと考えた上で行動するのが大切です。
また失敗しない為には病院やクリニックとの相性も大切だと思います。相性が悪いと不信感が募ってしまう様になるかもしれませんので、一件目の病院で決めるのではなく、何件か病院を巡って見る事もとても大切だと思います。

上記の様な事を気にしつつも、しっかりと自分で調べ上げて納得し、手術が失敗しないようにクリニック等は性格を見て選ぶ様にして下さい。






posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 19:11 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシックの手術効果について

レーシック 老眼治療 視力回復
レーシックの手術効果について
視力回復レーザー手術「レーシック」についてですが、この手術を何回位受ければ視力は上がると思いますか?と言う不安を抱いている方はいるのではないでしょうか。答えは1回の手術で視力を回復させる事が出来ます。しかし100%と言う訳ではなく、稀に視力が戻ってしまう人もいるそうです。

また手術後は手術の翌日から普通にメガネやコンタクト無しで見える様になる場合が殆どの様です。しかし個人差がありますのでこれに限りません。
このレーシック手術は遠視や近視、乱視の人であれば手術する事が可能なのですが、老眼に関しては矯正が難しいと言われています。

次に手術のリスクについてですが、レーシックでの一番の不安は手術が失敗して逆に目が見えなくなってしまう事があるのではないかと言う事だと思います。今のところレーシックが失敗して失明したと言う報告は国内外共に無いそうですので、比較的安全な治療だと言う事が分かると思います。その理由としてはレーシックと言うのは角膜にレーザーを照射して屈折を矯正する手術であって、眼球内部には影響がありません。ですから失明すると言う事は考えにくいと言う事になります。

手術の時には点眼麻酔をするので、痛みは感じませんので安心して手術を受ける事が出来ると思います。また日本ではレーシックは最近導入された手術ですが、口コミも手伝ってか毎年手術を受ける人が増加しています。

手術費用ですが、大体20万〜50万円位かかると思います。安い治療費だとは言えませんが結果的にコンタクトやメガネ代と言った物がかからなくなりますので、長期的に見たら同じ位か安い感じになると思います。




posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 12:39 | Comment(0) | レーシック手術の効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ http://www.e-imb.jp/hitomi/images/01scary_img01.jpg
メガネなしでもよく見えて1日3分で視力回復「ピンホールアイマスク」
レーシック 老眼治療 視力回復レーザー治療
NEWインターネット上の共通ポイントプログラム⇒ネットマイル
無料会員登録はこちらから
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。