総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事
パソコンを長時間使う人にオススメの健康食品

レーザー手術に関するイメージ

レーシック手術に関するイメージ
レーシック 老眼治療と視力回復

近視手術や視力回復手術で行うレーシック手術についてのイメージですが大抵の場合は「痛い」とか「怖い」とか「費用が高い」とかと言うどちらかと言うとマイナスのイメージがあると思います。

これは昔近視手術を行っていた頃はメスを使って手術をしていたので、その名残ではないかとは思うのですが、今の手術はレーザーを使って手術をするので痛みは殆ど無いと言って良いと思いますので、昔とは大分変ったと言っていいでしょう。

痛みに関しては無いと言う事で分かっていただけると思うのですが、費用についてはいかがでしょうか?
少し前までは数十万円もかかって高いイメージがありましたが、現在では10万〜20万円前後で手術が出来る様になっています。でも20万円はやはり痛い金額だと思います。
しかしメガネとコンタクト、もしくは両方をこれから一生使っていくとなると同等の金額またはそれ以上かかるかもしれませんので、結果的に手術をした方が安く済むのではないかと思います。

もしこの手術が上手くいった場合には、コンタクトの様なケア製品なども買わなくて済むようになるし、何より裸眼で歩く事が可能になるので時間も手間もお金もかからずに済むようになります。その利点などもきちんと把握しておく様にしておきましょう。

視力回復の為のレーシック手術とは数種類あると言われていますが、どの種類の手術を受けるのかどの病院で受けるのかはとても重要な項目だと思います。また大手と言うだけで選ぶのは危険だと思うのですが、色々なチェック項目を挙げて置いて色々な病院に問い合わせ等をしてきちんとした情報を得るのも大切です。


お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 05:44 | Comment(0) | レーシック手術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシックと言う手術

レーシックと言う手術
レーシック老眼治療と視力回復


視力が悪くてメガネやコンタクトを着けている人であれば一度は目にした、耳にした事がある「レーシック」と言う手術があると思います。

まず近視の状態と言うのは目のピントを上手く合わせることが出来ないと言うのが原因なのですが、ピントを合わせるというのは角膜の厚みに対して合わせなければならないので、レーシックで角膜の方の厚みを変えて上げる事によってピントを合わせる様にしていくのがレーシックと言う物です。

レーシックとはレーザーを使って行うので、レーザーで角膜の一部を削る様な手術方法を取る事になります。

現在レーシック手術と言うのは世界各国で行われているので、珍しい手術ではないです。この手術の効果は高いし、手術時間は短いし、入院する必要もなく日帰り出来ちゃうので本当にメリットがたくさんある手術だと思います。

またレーシックのすごい所は自分が希望した視力にする事が可能らしく、例えば1.5にしたい場合は1.5に出来ちゃうし、2.0にしたい場合には2.0に出来ちゃうのでとてもすごい技術だと思います。

レーシックを受けたいと考えている人の大半はコンタクトを使用している人が多いらしく、メガネが嫌でコンタクトをしていたけど、レンズのケアは面倒だし、意外とコストはかかるしでもう煩わしいと思った人が、たった一回手術を受けるだけで良いのであればと言う事でレーシックを受ける人が多いみたいです。

またコンタクトやメガネは視力が悪くなっていく可能性がありますが、レーシックならば視力そのものを矯正するので、低下を防いでくれると言う効果もあるのです。

人気ブログランキングへ

posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 22:27 | Comment(0) | レーシック手術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ http://www.e-imb.jp/hitomi/images/01scary_img01.jpg
メガネなしでもよく見えて1日3分で視力回復「ピンホールアイマスク」
レーシック 老眼治療 視力回復レーザー治療
NEWインターネット上の共通ポイントプログラム⇒ネットマイル
無料会員登録はこちらから
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。