総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事
パソコンを長時間使う人にオススメの健康食品

目を鍛えるという方法

レーシック 老眼治療と視力回復
目を鍛えるという方法

「老眼」!これはどういうことだと思いますか?言葉では知っていても実際にどういうことか分からない方が多いのではないでしょうか。老眼ということは、目のレンズの役割を果たしている水晶体の部分が、今までとは違ってバランスよく思うように機能しなくなった状況のことを指しています。
この目の中にある水晶体というレンズは、カメラのオートフォーカスのように近くを見るとき、遠くを見るとき、こういったときに自動的に厚みを変えることによりピントを合わせるようにしてくれる機能を持っています。この水晶体というレンズは目の周りにある筋肉によって機能しています。この筋肉が老化によって衰えてくることにより目のピントを合わせる機能が衰えてくると言うことに繋がってくるようです。
ですから、この眼の周りにある筋肉を鍛えることによってある程度の老眼という症状を改善させることが可能だと思います。
ではどうやって目のレンズを調節する筋肉を鍛えるトレーニングと言うのができるのでしょうか?まず近いものと遠いものを交互に見るようにしましょう。これによって目の焦点が近いものから遠いものへ、遠いものから近いものへ頻繁に変化するようになります。
このトレーニング方法は毎日行うことに意味があります。毎日コツコツと続けることによって老眼も鍛えて回復させることができるのです。
しかし注意しなければならないことは、これによって完治させることはできないということです。ある程度の効果はありますが完治にはなりませんので期待しすぎるということは禁物です。
posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 13:00 | Comment(0) | 老眼治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ http://www.e-imb.jp/hitomi/images/01scary_img01.jpg
メガネなしでもよく見えて1日3分で視力回復「ピンホールアイマスク」
レーシック 老眼治療 視力回復レーザー治療

PING送信プラス by SEO対策

NEWインターネット上の共通ポイントプログラム⇒ネットマイル
無料会員登録はこちらから
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。