総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事
パソコンを長時間使う人にオススメの健康食品

老眼治療に遠近両用眼内レンズ

老眼治療にはさまざまな方法があると思います。その中のひとつとして「遠近両用眼内レンズ」という治療方法があります。
この方法は老眼、白内障に対しての画期的な治療方法として注目を集めている治療方法です。これにより遠くも見られるようになるし、近くも見えるようになるという治療方法です。この遠近両用眼内レンズは従来の白内障の治療では成し得なかった老眼治療にも対応することができるということが明らかになってきたようです。
この「遠近両用眼内レンズ」の手術方法と言うのは白内障の手術の方法と変わりません。ですからこの手術は白内障の手術をたくさん経験している眼科医がいるところで行う方が成功性も高く、安全性も高くなるということになります。
今では日本国内においても老眼治療としての症例数が増加していると言われています。
白内障の手術と言うのはピントがひとつしか作れないために、手術後は遠くに焦点を当てるようになるために遠くはよく見えるようになると思います。しかし、逆に近くは見えづらい為に老眼鏡を使用しなければならないという欠点があると思います。
しかしここでお話した遠近両用眼内レンズは「多焦点眼内レンズ」というものを使用していきます。このレンズには1枚で5つもの焦点を割り当てられることができます。これによって色々な距離の視界も大丈夫なようになると思います。
この治療法を行った場合、この先に視力が変わっていったとしてもレーシックという手術方法で補正することができるようになります。
posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 14:00 | Comment(0) | 遠近両用眼内レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ http://www.e-imb.jp/hitomi/images/01scary_img01.jpg
メガネなしでもよく見えて1日3分で視力回復「ピンホールアイマスク」
レーシック 老眼治療 視力回復レーザー治療

PING送信プラス by SEO対策

NEWインターネット上の共通ポイントプログラム⇒ネットマイル
無料会員登録はこちらから
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。