総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事
パソコンを長時間使う人にオススメの健康食品

老眼治療のためにストレッチをしよう

老眼はもう治らないって諦めた事はありませんか?
老眼治療をする前に、老眼を今より進めない様にするための予防、老眼を今より改善させるための予防としてストレッチをするという方法があります。
このストレッチは目の中にある瞳孔の収縮を行う筋肉である虹彩筋という筋肉を鍛えて老眼を改善させようというストレッチです。瞳孔と言うのは周りの明るさによって収縮を繰り返しています。
これは猫の瞳孔を思い出してみれば分かりますよね。例えば私たちが明るい場所に行くと瞳孔は小さくなります。猫の目が細くなるのはそのせいですね。反対に私たちが暗い場所に行くと瞳孔は大きくなります。この瞳孔が大きくなったり小さくなったりという収縮と言うのは光の強さを調節しようとして起こる現象です。光が強ければ光を取り込まないように瞳孔を小さくして遮断します。逆に光が弱ければ光を取り入れようとして瞳孔が大きくなります。
この虹彩筋という筋肉は自分の意思では動かすことができませんので、この虹彩筋を鍛えるときには明かりが重要なアイテムとなります。
では、ストレッチの方法をご紹介してみたいと思います。
1.明かりを顔に向けて照らします。
2.目の前に手をかざしたり、どけたりして明かりの強さを調節します。
たったこれだけで瞳孔が開いたり閉じたりするので虹彩筋を鍛えることができます。ですから、老眼の改善も期待できるようになるということになります。
ただし、早く改善させようとしてやりすぎる人がいますが、これには注意しましょう。
posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 13:00 | Comment(0) | 老眼治療のストレッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ http://www.e-imb.jp/hitomi/images/01scary_img01.jpg
メガネなしでもよく見えて1日3分で視力回復「ピンホールアイマスク」
レーシック 老眼治療 視力回復レーザー治療

PING送信プラス by SEO対策

NEWインターネット上の共通ポイントプログラム⇒ネットマイル
無料会員登録はこちらから
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。