総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事
パソコンを長時間使う人にオススメの健康食品

老眼治療の一連の流れ

老眼治療を決意した方にとっては、どういった流れで治療が行われて行くのかというのも不安要素ではないかと思います。
image_hakunaisyou01.jpg
以下に簡単ではありますが治療に関する一連の流れをご説明します。ただし、あくまでも例ですので、病院によっては異なる場合があります。

【老眼治療CK】
1.《適応検査》
まず、治療は誰にでも行えるわけではありません。適応検査をして治療ができるかの判断をします。

治療が可能な場合、治療の日程を調整します。

ただし、コンタクトをしている人の場合は角膜の形状に影響があるかもしれませんので、しばらく使用を中止してから再度検査した方がいいかもしれません。

2.《治療当日》
治療自体は3?5分程度と短時間で終わります。日帰りが可能です。治療後は目を保護するためのコンタクトを着けて帰るようになります。治療当日は目を酷使せずにゆっくり休むようにしてください。
注意点は1週間ほど、化粧を控えること、当日・翌日までは顔をなるべく濡らさないようにすることを心がけましょう。
また、激しい運動も控えましょう。

3.《翌日の検診》
翌日は治療の経過を検査しますので、検診を受けるようにしましょう。

4.《定期的な検診》
治療は上記で終わりと言うことではなく、回復や状況・治療の内容には個人差があるため、経過をきちんと確認していかなければなりません。2週間目、3か月目、6か月目と短くても6ヶ月までは定期的に検診するようにすることが大切です。


参考記事リンク⇒老眼治療




posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 14:14 | Comment(0) | 老眼治療の流れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ http://www.e-imb.jp/hitomi/images/01scary_img01.jpg
メガネなしでもよく見えて1日3分で視力回復「ピンホールアイマスク」
レーシック 老眼治療 視力回復レーザー治療

PING送信プラス by SEO対策

NEWインターネット上の共通ポイントプログラム⇒ネットマイル
無料会員登録はこちらから
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。