総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事
パソコンを長時間使う人にオススメの健康食品

レーシック手術の種類




レーシック手術の種類
レーシック 老眼治療 視力回復

レーザー手術で視力を回復させたり矯正させたりする方法にはいくつか種類があります。クリニックによっては1種類だけでなくいくつかの手術方法を扱っている場合がありますのでその特徴をきちんと理解しておく必要があると思います。

【レーシック】
これが一番有名と言うか視力回復手術で最も主流と言える手術です。この手術はマイクロケラトームと言う器具を使い、目の角膜の一部分を薄く削っていき、蓋みたいな形状のフラップと言う物を作ります。そして角膜実質層と言う所にレーザーを当てて先ほど作った蓋状のフラップを元に戻すと言う手術です。
【イントラレーシック】
レーシックとは違って、高性能のレーザーを使用して手術する方法で手術方法はレーシックと同様のやり方をします。効果としてはレーシックよりも安全性が高く、今までレーシックでは手術不可能だった人でも対応が可能になったと言う大きな特徴があると言えます。
【エピレーシック】
エピケラトームと言う器具を使う所がレーシックとはちょっと違う所で、角膜上皮部分に薄いフラップと言う蓋状の物を作ります。このエピレーシックをする事によって格闘技などの目に負担がかかりそうな位の激しいスポーツでも出来る様になります。
【ウェーブフロントレーシック】
高精度の検査機器(ウェーブフロントアナライザー)を使用して解析分析してデータを作成します。そのデータを元にしてレーザーを照射すると言う方法を使用します。このレーシックは雑性乱視や不正乱視などにも使用できる施術方法です。

最新 レーザー近視手術―視力回復手術レーシックの効果と問題点
【視力回復レーシックコム】

レーシックとは、レーザーを使って近視や乱視を矯正する治療です。
 全世界で急速に普及し、すでに数百万人が治療を受けているといわれてます。
 【視力回復レーシックコム】複数の医院へ資料一括請求! 無料 
posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 18:54 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ http://www.e-imb.jp/hitomi/images/01scary_img01.jpg
メガネなしでもよく見えて1日3分で視力回復「ピンホールアイマスク」
レーシック 老眼治療 視力回復レーザー治療

PING送信プラス by SEO対策

NEWインターネット上の共通ポイントプログラム⇒ネットマイル
無料会員登録はこちらから
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。