総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事
パソコンを長時間使う人にオススメの健康食品

視力回復手術に伴う質疑応答

疲れ目に「パソネットPC-Eye」

視力回復手術に伴う質疑応答
レーシック 老眼治療と視力回復

視力回復手術であるレーシックに関するレーザー手術を受ける際、または受けようと考えている人には様々な不安や疑問があるかと思います。そこで下記に良く挙げられる質疑応答を挙げてみたいと思います。
質問1
〜レーシック手術をした場合、手術が失敗して失明する可能性と言うのはあるのでしょうか?〜

回答1
今まで国内・国外問わず失明したと言う報告は無いそうです。
レーシックは角膜に対して行う手術であり、眼球に直接影響を及ぼす事は無い為に失明する事はまず考えにくいと言っていいと思います。

質問2
〜レーシックでの手術、または手術を受けた後に痛みを感じる事はあるのでしょうか?〜

回答2
手術をする時には点眼麻酔をする為に痛みを感じる事はまず無いと言って良いと思います。但し術後痛みを感じる場合も若干あるかと思うので、そう言った場合には鎮痛剤を処方してもらうとか、目薬を処方してもらうとかして症状を緩和させるようにします。

質問3
〜レーシックの手術をした後、どの位の期間で見える様になりますか?〜

回答3
これは個人差があるので一概には言えませんが、大体の場合は手術翌日から見える様になります。回復の目安としては今までメガネやコンタクトを使っていた人はそれと同じ位の視力になるのではないかと思っていればいいと思います。


とまだまだ不安や疑問はあると思いますが、主な質問を挙げてみましたので参考にしてみて下さい。もし不安が解消されたとしたら興味を持ってきちんと調べてみてはいかがでしょうか。








posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 18:34 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ http://www.e-imb.jp/hitomi/images/01scary_img01.jpg
メガネなしでもよく見えて1日3分で視力回復「ピンホールアイマスク」
レーシック 老眼治療 視力回復レーザー治療

PING送信プラス by SEO対策

NEWインターネット上の共通ポイントプログラム⇒ネットマイル
無料会員登録はこちらから
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。