総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事
パソコンを長時間使う人にオススメの健康食品

視力回復手術を受ける人の向き不向き

視力回復レーシックコム


視力回復手術を受ける人の向き不向き
レーシック 老眼治療と視力回復

近視矯正手術レーシックの正しい受け方

近視矯正手術レーシックの正しい受け方

  • 作者: 加藤 卓次
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2002/12
  • メディア: 単行本




視力を回復させるレーザー手術を受けるにはある程度の覚悟が必要だとも言われていますが、メガネのうざったさ、コンタクトの煩わしさから解放され裸眼で歩けると言う事は目が悪い人にとってはこれ以上無い位に嬉しい事だと思います。
手術を受けた人から言わせると「もっと早くやっておけばよかった」と言う人が本当に多いと思います。
しかし、どの手術に関してもそうなのですが100%失敗しないとも確実に終わるとも言えないのが手術の怖い所だと思います。この手術に関しては緊急を要する様なものではないし、やらなければならないと言う手術でもありません。
ですから自己責任の世界になってしまいます。自分の目が良くなりたいから受ける手術になるので、もしかすると目に傷を付けてしまう事が最悪の事態を招く事に繋がるかも知れないと言う事を頭に入れておきましょう。
では視力回復手術、レーシックを受けるのに向いている人はどのような人か挙げてみたいと思います。

・視力がメガネやコンタクトでは矯正しきれない程の視力を持っている人の場合
・裸眼でなければ仕事が出来ないと言う人の場合

と言う人は緊急を要すると言うか手術の必要性がある人だと思います。

次に視力回復手術、レーシックを受けるのに向いていない人はどのような人か挙げてみたいと思います。

・手術をする際に必ず適応検査と言う物をするのですが、これに引っ掛かってしまった人は手術の安全面から考えてみても手術を受けられないと言う事になります。
・手術を受ける事自体が恐怖で、耐えられないと思う人
・医師の言う事を守らずに自分勝手に突き進む人


等は手術に向かないのではないかと思います。

レーシック資料一括請求!!

posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 19:34 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ http://www.e-imb.jp/hitomi/images/01scary_img01.jpg
メガネなしでもよく見えて1日3分で視力回復「ピンホールアイマスク」
レーシック 老眼治療 視力回復レーザー治療

PING送信プラス by SEO対策

NEWインターネット上の共通ポイントプログラム⇒ネットマイル
無料会員登録はこちらから
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。