総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事
パソコンを長時間使う人にオススメの健康食品

視力回復のレーザー手術に痛みは伴うの?

視力回復の為に行うレーザー手術があります。視力が弱い人にとってこの手術はとても興味深い物なのではないでしょうか?
期待も大きいと思いますが、不安もそれなりにあるのが現実ではないでしょうか。ここではその不安の中でも「痛み」について説明してみたいと思います。

視力回復のレーザー手術をする際に、痛みを伴うかと言うと・・・、痛みは無いと言っていいと思います。
手術の時には目に目薬の様な物で点眼麻酔をします。そのお陰で手術中に痛みを感じる事は無いと言う事になります。

また手術後の痛みに関しては麻酔が切れた時点で感じる人、感じない人と個人差があるようです。
痛みと言ってもちょっと染みる様な感じとか、目になんとなく異物感があるような気がするとかそのような感じの違和感だと言う事です。

その違和感や染みる感じはずっと続く物ではなく、医師から処方された目薬などを点眼して感覚を和らげる事が可能です。
その感覚も術後1日程度と非常に短期間でありますからさほど心配する事は無いと思います。

これは同じ手術と言ってもメスを使って切開する様な手術ではなく、レーザーを照射して手術をする為だと思うので、痛みを伴わずに手術する事が出来るのです。とてもありがたいし安心だと思います。

一番不安な「痛み」に関して、痛くないと言う安心感が抱けたら、是非レーザー治療について調べてみて興味が沸いたらやってみてはいかがでしょうか。新たな世界が広がるかもしれませんよ。




posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | 遠近両用眼内レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ http://www.e-imb.jp/hitomi/images/01scary_img01.jpg
メガネなしでもよく見えて1日3分で視力回復「ピンホールアイマスク」
レーシック 老眼治療 視力回復レーザー治療

PING送信プラス by SEO対策

NEWインターネット上の共通ポイントプログラム⇒ネットマイル
無料会員登録はこちらから
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。