総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事
パソコンを長時間使う人にオススメの健康食品

レーシック手術の種類




レーシック手術の種類
レーシック 老眼治療 視力回復

レーザー手術で視力を回復させたり矯正させたりする方法にはいくつか種類があります。クリニックによっては1種類だけでなくいくつかの手術方法を扱っている場合がありますのでその特徴をきちんと理解しておく必要があると思います。

【レーシック】
これが一番有名と言うか視力回復手術で最も主流と言える手術です。この手術はマイクロケラトームと言う器具を使い、目の角膜の一部分を薄く削っていき、蓋みたいな形状のフラップと言う物を作ります。そして角膜実質層と言う所にレーザーを当てて先ほど作った蓋状のフラップを元に戻すと言う手術です。
【イントラレーシック】
レーシックとは違って、高性能のレーザーを使用して手術する方法で手術方法はレーシックと同様のやり方をします。効果としてはレーシックよりも安全性が高く、今までレーシックでは手術不可能だった人でも対応が可能になったと言う大きな特徴があると言えます。
【エピレーシック】
エピケラトームと言う器具を使う所がレーシックとはちょっと違う所で、角膜上皮部分に薄いフラップと言う蓋状の物を作ります。このエピレーシックをする事によって格闘技などの目に負担がかかりそうな位の激しいスポーツでも出来る様になります。
【ウェーブフロントレーシック】
高精度の検査機器(ウェーブフロントアナライザー)を使用して解析分析してデータを作成します。そのデータを元にしてレーザーを照射すると言う方法を使用します。このレーシックは雑性乱視や不正乱視などにも使用できる施術方法です。

最新 レーザー近視手術―視力回復手術レーシックの効果と問題点
【視力回復レーシックコム】

レーシックとは、レーザーを使って近視や乱視を矯正する治療です。
 全世界で急速に普及し、すでに数百万人が治療を受けているといわれてます。
 【視力回復レーシックコム】複数の医院へ資料一括請求! 無料 
posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 18:54 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

視力回復手術に伴う質疑応答

疲れ目に「パソネットPC-Eye」

視力回復手術に伴う質疑応答
レーシック 老眼治療と視力回復

視力回復手術であるレーシックに関するレーザー手術を受ける際、または受けようと考えている人には様々な不安や疑問があるかと思います。そこで下記に良く挙げられる質疑応答を挙げてみたいと思います。
質問1
〜レーシック手術をした場合、手術が失敗して失明する可能性と言うのはあるのでしょうか?〜

回答1
今まで国内・国外問わず失明したと言う報告は無いそうです。
レーシックは角膜に対して行う手術であり、眼球に直接影響を及ぼす事は無い為に失明する事はまず考えにくいと言っていいと思います。

質問2
〜レーシックでの手術、または手術を受けた後に痛みを感じる事はあるのでしょうか?〜

回答2
手術をする時には点眼麻酔をする為に痛みを感じる事はまず無いと言って良いと思います。但し術後痛みを感じる場合も若干あるかと思うので、そう言った場合には鎮痛剤を処方してもらうとか、目薬を処方してもらうとかして症状を緩和させるようにします。

質問3
〜レーシックの手術をした後、どの位の期間で見える様になりますか?〜

回答3
これは個人差があるので一概には言えませんが、大体の場合は手術翌日から見える様になります。回復の目安としては今までメガネやコンタクトを使っていた人はそれと同じ位の視力になるのではないかと思っていればいいと思います。


とまだまだ不安や疑問はあると思いますが、主な質問を挙げてみましたので参考にしてみて下さい。もし不安が解消されたとしたら興味を持ってきちんと調べてみてはいかがでしょうか。








posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 18:34 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーザー手術の視力回復効果

視力回復レーシックコム


視力が回復するレーザー手術の効果とは
レーシック 老眼治療と視力回復
目の超音波治療器 ソニマック &ACアダプター 【視力回復の医療機器】 レーザーを使って視力を回復させる手術として「レーシック」と言う手術方法があります。
少し前まではPRK手術と言う手術が視力回復の為の方法として使われていて、これがレーシックの前身であると言われています。
今はエキシマレーザーと言う高性能レーザーが使われていて、手術の際には安全性も認められている為に視力回復の方法として有効的だと急速に普及してきています。
では、このレーシック手術を行った所、どの程度視力が回復する見込みがあると思いますか?
どの程度の効果が期待出来るのでしょうか?目の角膜に対して手術をすると言うリスクを背負って手術をする訳ですから効果が大したこと無いと言う様になるとやる意味も半減してしまうと言う事になってしまいます。
以下のデータはあるレーシックを行っている眼科が公表したと言われるデータなのですが、参考程度に挙げてみたいと思います。

近視度によって1.0以上になる確立を出した物です。

軽度の近視で、99%以上。
中度の近視で、97〜98%位。
強度の近視で、93%位。
最強度の近視でぐっと確立が下がり、75%位。
等と言う結果になっていますので、かなり高い確率で視力が回復するのか分かると思います。
但し0.7以上の回復であればほぼ100%の確率が期待出来る様です。
これから見ても分かるようにかなり弱視の人が手術してもある程度の視力回復が見込めると言う事になりますので、効果は高いと言って良いでしょう。

視力回復訓練機 スーパービジョンSV-2100

視力回復訓練機 スーパービジョンSV-2100

  • 出版社/メーカー: PHENIX
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品





posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 18:23 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシック手術に関するリスク

レーシック 老眼治療 視力回復
レーシック手術に関するリスク

視力を回復させるレーザー手術としてレーシックと言う手術が主流になって行われています。たくさんのメリットももちろんあるのですが、リスクももちろんあります。
レーシック手術は比較的安全な手術であるのですが、リスクとして合併症が起きる可能性がある事も知っておく事はとても大切な事だと思います。このリスクを良く理解して、出来るだけ回避・軽減出来る様なクリニック選びをする事が私達受けての考え方だと思うのです。

【ハロー・グレア現象】
リスクの一つに「ハロー・グレア現象」と呼ばれる現象があります。これは明るい光が目の前にあるとして、何となく周りがボヤけているような、モヤがかかっているような感じに見えると言う現象、その明るい光が眩しくてちゃんと見る事が出来ないと言う症状などの事を指します。これは手術を受けた約半分の人がこの現象になってしまうと言う様に言われていますが、大抵は3か月位で完治する様です。
ヒーリングロハス アイマスク

【ドライアイ】
レーシックの手術を受けた後、大体2?3か月位はドライアイの症状に悩まされる事があります。ドライアイの症状が出た場合には目薬を点すとかして症状を緩和させる事しか方法が無いので、治るまでその対処法で対処する様にしておきましょう。
アイボントロ〜リ目薬ドライアイ 13mL 4987072070888

【感染症】
レーシックの手術の後に角膜の上皮部分が癒着してしまい、細菌が入ってしまった場合感染症を引き起こしてしまう可能性があります。ほとんどそのような事は無いとは思うのですが、万が一感染症になってしまった場合には、早めに治療する様にしましょう。そうすると完治する事が出来ます。


目のサプリ ゴールデンアイ(送料無料)・目の紫外線対策

目のサプリ ゴールデンアイ(送料無料)・目の紫外線対策

  • 出版社/メーカー: 株式会社サイクルーズ
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品





posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 18:54 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

視力回復手術「イントラレーシック」とは!

疲れ目、かすみ目などの瞳のトラブルに「ルテインベリーアイ」   Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

視力回復手術
「イントラレーシック」
レーシック 老眼治療と視力回復

イントラレーシックで近視が治る!―メガネ&コンタクトを不要にした21世紀の近視治療テクノロジー
視力を回復させる手術に「イントラレーシック」と言うレーザー手術があります。「イントラレーシック」と言うのはどう言う物かご存知でしょうか?この「イントラレーシック」と言うのは「へエキシマレーザー」を使って視力を回復させる方法です。

視力を回復させる方法には昔のPRKと言うレーザー手術から始まり、レーシック、イントラレーシックに様変わりして現在の主流はイントラレーシックと言う手術になっています。

では「レーシック」と「イントラレーシック」の違いはどう言う物だと思いますか?下記に挙げてみたいと思いますので参考にしてみて下さい。

・手術後に起こる可能性がある、「合併症」「後遺症」の発症率はイントラレーシックの方が確率などが低いと言われています。
・イントラレーシックの方が手術後、視力が回復する速度も精度も優れていると言えるようです。
・「レーシック」では角膜が薄い人は手術適応外だったのですが、「イントラレーシック」では角膜の薄い人でも手術が受けられる様になりました。

と言う様なメリットがある為に現在では「イントラレーシック」を主流にしている眼科が増加して来ているようです。
ちょっと余談なのですが、今まではアメリカの空軍パイロットには視力矯正や治療などの手術に関しては一切許可されていなかったそうです。しかし、この新しい手術「イントラレーシック」に限っては許可が出るほど安全性の高さと、確かな効果が確認されていると言っていいと思います。

2週間で目が驚くほど良くなる本―読むだけで速効!視力回復トレーニング (王様文庫)

2週間で目が驚くほど良くなる本―読むだけで速効!視力回復トレーニング (王様文庫)

  • 作者: 松崎 五三男
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2003/04
  • メディア: 文庫




posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 19:28 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

視力回復手術後の合併症や後遺症

ピンホールアイマスク   Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

術後の合併症や後遺症
レーシック老眼治療と視力回復

視力回復のレーザー手術を行った際の合併症や後遺症で「過矯正」について説明してみたいと思います。
視力を回復させようとレーザー手術をするケースは多々あると思いますが、「過矯正」と呼ばれる矯正のし過ぎについても考えなければならないと言う事です。
過矯正と言うのは予定以上の効果が出てしまった結果、近視の人は遠視に、遠視の人は近視になってしまうと言うことを指しています。
近視が遠視になってしまう過矯正の場合、何が後遺症として出て来るかと言うと、例えば眼鏡を初めてかけたときの事を思い出してみて下さい。何か目が眼鏡に慣れなくてクラクラするような感じがしたのを覚えていますか?
あの感じがずっと続くと言う後遺症が出るのです。
では、何故この様に後遺症が出てしまうケースになってしまうのかと言うと、レーザー手術ではエキシマレーザーと言うレーザーを使用して手術をします。
それを使って角膜を削るのですが、水分量や角膜の形状を、エネルギーなどの微妙な変化により稀に誤差が出る事があるようで、これが過矯正になってしまう原因となるのです。
でも過矯正になったからと言って慌てないようにする事が大切で、まず暫らくは様子を見てみる様にしてみましょう。
時間が経つとその視力に慣れてしまう事も考えられるので、それ次第で再度眼科による処置をしてもらうなどアフターフォローをしてもらいましょう。
また経過が思わしくなければ再手術と言う事にもなりますので、信頼できる病院を選んでおく必要があります。

ネミール ピンホール アイマスク Mサイズ 視力回復器トレーニング

ネミール ピンホール アイマスク Mサイズ 視力回復器トレーニング

  • 出版社/メーカー: 名和理商事
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品


posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 18:23 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシック手術後の合併症や後遺症【夜間における視力の低下】

レーシック資料一括請求!!  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

術後の合併症や後遺症【夜間の視力低下】
レーシック 老眼治療と視力回復

レーシック手術を受けた後は合併症や後遺症を併発してしまう可能性がありますので、きちんと認識しておく必要があると思います。
ここでは術後の「夜間における視力の低下」について説明してみたいと思います。

夜間視力が低下すると言う後遺症の事を「ハロ」「グレア」と言う様に呼んでいます。
「ハロ」と言うのは例えば夜間に明かり(主に蛍光灯)を見るとその光が何となく膨張しているような感じがしたり、すごく眩しくて直視出来なかったりする様な感じの事を言い、「グレア」と言うのはその光の周りに何となく輪っかが架かっているような感じでボヤーっとして見える様な症状の事を言います。

こう言う様な現象を引き起こしてしまう原因については様々な説がある様なのですが、レーシック手術を受けた事によって起こる光の収差が増えた事、光の乱反射が慣れなくて上手く調節できない事が原因ではないかと言うのが最も有力視された説になっているようです。

これを防げるかどうかは別としてレーシック手術を行う前に適応検査において夜間の瞳孔径が大きいか小さいかを判断してもらい後遺症が出る可能性があるかどうかと言うのは事前に分かる様なので聞いておく様にしましょう。

術後にどちらの現象や症状が起こったとしても、一時的な物で時間が経つと自然に治っていく場合の方が多いのであまり気にしない様にしましょう。また注意しなければならないのは夜間に運転などをする場合ですので、こう言った場合にはどうなるのかきちんと調べておく必要があると思います。





posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 18:11 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

視力回復手術を受ける人の向き不向き

視力回復レーシックコム


視力回復手術を受ける人の向き不向き
レーシック 老眼治療と視力回復

近視矯正手術レーシックの正しい受け方

近視矯正手術レーシックの正しい受け方

  • 作者: 加藤 卓次
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2002/12
  • メディア: 単行本




視力を回復させるレーザー手術を受けるにはある程度の覚悟が必要だとも言われていますが、メガネのうざったさ、コンタクトの煩わしさから解放され裸眼で歩けると言う事は目が悪い人にとってはこれ以上無い位に嬉しい事だと思います。
手術を受けた人から言わせると「もっと早くやっておけばよかった」と言う人が本当に多いと思います。
しかし、どの手術に関してもそうなのですが100%失敗しないとも確実に終わるとも言えないのが手術の怖い所だと思います。この手術に関しては緊急を要する様なものではないし、やらなければならないと言う手術でもありません。
ですから自己責任の世界になってしまいます。自分の目が良くなりたいから受ける手術になるので、もしかすると目に傷を付けてしまう事が最悪の事態を招く事に繋がるかも知れないと言う事を頭に入れておきましょう。
では視力回復手術、レーシックを受けるのに向いている人はどのような人か挙げてみたいと思います。

・視力がメガネやコンタクトでは矯正しきれない程の視力を持っている人の場合
・裸眼でなければ仕事が出来ないと言う人の場合

と言う人は緊急を要すると言うか手術の必要性がある人だと思います。

次に視力回復手術、レーシックを受けるのに向いていない人はどのような人か挙げてみたいと思います。

・手術をする際に必ず適応検査と言う物をするのですが、これに引っ掛かってしまった人は手術の安全面から考えてみても手術を受けられないと言う事になります。
・手術を受ける事自体が恐怖で、耐えられないと思う人
・医師の言う事を守らずに自分勝手に突き進む人


等は手術に向かないのではないかと思います。

レーシック資料一括請求!!

posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 19:34 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

視力回復に関するレーザー手術の方法

レーシック 老眼治療と視力回復
視力回復に関するレーザー手術の方法

ノートパソコン2.jpg

視力回復に関する方法としてレーザー手術があります。そのレーザー手術には1種類だけでなく色々な種類があるのをご存知でしょうか?
その中で一番有名で今や主流ともなっているレーザー手術が「レーシック」と呼ばれている「レーザー角膜屈折矯正手術」と言う手術です。
この「レーシック」と言う手術は目の角膜に直接レーザーを照射する事により、視力を矯正させると言う方法で、現在では物凄く人気がある視力回復手術になっています。この手術の他にもイントラレーシックと呼ばれるレーシックより更に技術が進化した物もありますし、エピレーシックと呼ばれるちょっとレーシックでは手術が扱えないような近視が強い人、角膜が薄い人でも受けられる様な手術もあります。
視力を回復させるレーザー手術には手術を受ける前に受けられるかどうかの適応検査を受けなければなりません。例えば適応検査で引っ掛かる人と言うのは、緑内障、白内障などの目に関する病気を患っている人、目の角膜が薄い人などが挙げられます。
次に手術の費用に関してですが、これは手術を行っている病院によってバラバラだと思います。この手術は自由診療と言う枠に入っている為に、病院側で費用を決定してもいいような設定になっています。しかし大よその値段としては20万前後と思っていればいいのではないかと思います。しかし、これはあくまでも手術代としてなので検査代や薬代なども含むと更にかさむ事も了承しておきましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 17:54 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

視力回復手術の費用

目の健康に欠かせない成分「ルテイン」を配合した「瞳の友S」

momobgyoko.JPG

視力回復手術の費用について
レーシック 老眼治療と視力回復

視力回復手術は保険が効かない手術になっていますので、医療機関側が値段を決める事が出来ます。ですから病院によって値段のバラ付きが出て来るのはある意味仕方の無い事だと思います。

視力回復手術の中にはレーザーを使って手術する方法があり、その中でも最も有名なのが「レーシック」と言う方法です。しかしレーザーを使って行う手術は「レーシック」だけではなく、他にも種類があり、それぞれで費用も違いますので、手術の特性、費用をよく理解した上で手術を受けると納得が出来る様になるかもしれません。手術費用に納得しないと不満だけが残るようになってしまいます。

視力回復手術費用に関する話でもう1つ、保険は適用されるのか否かと言う事ですが、健康保険を使用しての適用は受けられないので全額自費と言う事になりますが、もし今生命保険に加入しているのであれば、担当の保険外交員に聞いてみて下さい。
もしかすると手術給付金が付くようなタイプになっているかもしれません。そうなると殆どの手術費用が負担してもらえるかもしれないと言う事になります。
但し、この様に手術給付金を申請する人が急増してきた事から、新しい保険商品の特約からは「視力回復手術は除く」と言う但し書きが付けられる様になったそうですのでよく確認をする必要があります。
この様に視力回復のレーザー手術に関する費用の面では色々と問題が起きるかもしれませんが、よく理解し、納得し、調べた上で受ける様にするのが良いと思います。






posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 19:34 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシックとは!

レーシック資料一括請求!!

momobgyoko.JPG

レーシックとは!
レーシック 老眼治療と視力回復


レーシックとは一体どのような物なのでしょうか?

レーシックのやり方についてですが、まず眼球を固定した上で角膜の表皮を薄く剥がしていきます。表皮の一部分が角膜にくっついている状態でフラップと呼ばれる蓋みたいな形状の物を作成します。
そのフラップの内側に角膜実質層と呼ばれる組織があるのですが、そこをエキシマレーザーと呼ばれる最先端レーザーを使って削り、目の屈折力を変え視力の回復をはかるのです。そしてフラップを元に戻し終わりです。

レーシック治療のウソ、ホント―近視レーザー手術の疑問点を解消 (メディカルサロンの健康学習文庫)

レーシック治療のウソ、ホント―近視レーザー手術の疑問点を解消 (メディカルサロンの健康学習文庫)

  • 作者: 根岸 一乃
  • 出版社/メーカー: メディカルサロン
  • 発売日: 2005/04
  • メディア: 単行本



この方法を取ることにより目の奥にある網膜のちょっと前で焦点を当てて見ていた物を、網膜の上で合わせる事が出来る様になり、ブレないではっきりと物を見る事が出来る様になります。

このレーザーで作ったフラップを元に戻すと言う工程をする事により、安全性がより高まり、回復力も高まったみたいです。
手術時間も大幅に短くなり、両目で10〜20分程で終わるようになりました。また視力の回復度合いも個人差はあるにせよ、大抵の場合には翌日迄には回復しているみたいです。

この様な視力回復のレーザー手術とはどのような方が受けられるのでしょうか?少し前までは芸能人やスポーツ選手などメガネがあると仕事に支障がある様な方が受けていましたが、今ではこの手術も一般的になり、メガネが煩わしかったり、コンタクトが面倒だったりと言う理由で受けている人も多くなって来ている様です。

視力回復のレーザー手術は費用も高いとは思いますが、一生メガネやコンタクトを使い続けてコストがかかると思うと意外に手術の方が安く上がる場合もありますので、よく考えて手術を受けるかどうか決めてみましょう。






posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 18:45 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

視力回復手術が失敗しない為に

レーシック
視力回復手術が失敗しないために
レーシック 老眼治療と視力回復

視力を回復させる為の方法としてレーザー手術を行う方法がありますが、この手術で失敗をしない為には手術についてよく知っておく必要があるのです。

近視矯正手術レーシックの正しい受け方

近視矯正手術レーシックの正しい受け方

  • 作者: 加藤 卓次
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2002/12
  • メディア: 単行本


まず、視力回復手術費用に関する事ですが、保険適応外の為に110%負担をしなくてはならないので高く付くようになります。
しかし、ご自身が加入している生命保険を見直してみて手術給付金の対象になっている場合にはかなりの額を賄ってもらえると思いますので是非調べておく必要があります。
そして直接そのクリニックに出向き、費用がいくら位かかるのか見積もってもらう必要もあります。その方が金額に対する心構えと言う物が出来ると言う事です。
次に失敗しない為には必ず事前検査を受けておかなくてはならないと言う事です。
視力回復手術出来るかどうかを判断する検査なのですが、例えば角膜が薄いとレーシックの手術を受ける事が困難になります。
どんなにやりたくても実際に医師に診せて出来ないと言われたら諦めもつきますよね。
目と言う取り返しが効かない場所を手術する訳ですからしっかりと考えた上で行動するのが大切です。
また失敗しない為には病院やクリニックとの相性も大切だと思います。相性が悪いと不信感が募ってしまう様になるかもしれませんので、一件目の病院で決めるのではなく、何件か病院を巡って見る事もとても大切だと思います。

上記の様な事を気にしつつも、しっかりと自分で調べ上げて納得し、手術が失敗しないようにクリニック等は性格を見て選ぶ様にして下さい。






posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 19:11 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシック手術のメリット

視力回復を行うレーシック手術とはエキシマレーザーと言う安全性が比較的高いレーザーを使用して角膜の屈折を直し、視力を回復させると言う手術になります。
この手術を最先端で行っているのが米国で、年間130万を超える様な症例が実施されている様ですが、日本でも1995年にFDAが認可をしてから飛躍的に発展して来ていると思います。

この手術を行っていたのは、最初は有名人の人やスポーツ選手などが中心になって行っていましたが、近年では一般の方もかなり受けている様で今後も増加していく傾向にあると思います。

ではこのレーシックのメリットとは一体どのような物があるか記述してみたいと思います。

まず一番のメリットとしては裸眼で生活が出来ると言う事に尽きるのではないでしょうか。メガネやコンタクトなどの煩わしさから解放されますので金銭的負担も無くなると思います。

また眼が悪いと目が疲れやすくなってしまったり、肩凝りが酷くなってしまったりしますが、目が良くなるだけでそれが解消される可能性があります。また近視が原因で病気になる眼病と言うのもありますが、その眼病予防にもなるというメリットがあります。

次にメガネやコンタクトをしているとスポーツの時などに障害になっている部分と言うのも多々あったかと思うのですが、裸眼でスポーツが出来る様になるので激しいスポーツでも思う存分楽しむ事が出来るようになります。

上記の他にもメリットはあると思いますが、主なメリットは上記の様な事だと思います。


posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 18:00 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

視力回復によるレーザー手術の最新技術





momobgyoko.JPG

視力回復
レーザー手術の最新技術
レーシック老眼治療と視力回復

視力を回復させる為に行うレーザー手術(レーシック)は近年安全性の高さと手軽さが認められる様になり、それを受けて手術する人もかなり増えてきている様です。

このレーザー手術(レーシック)について、安全性の高さや特徴、手術方法等様々な事について記述してみたいと思いますから参考にしてみて下さい。

目の遠視や近視と言うのは眼球や角膜の屈折異常によって起きていると言って良いと思います。この屈折を目の外部から矯正しようとしているのが、馴染みがあるメガネやコンタクトです。
また、目の内部にある角膜の屈折を矯正しようとしているのが、レーザー手術なのです。
まず手術の方法についてですが、目の角膜の一部分を医療用超小型電動カンナ(マイクロケラトーム)で削り、角膜の上部分にフラップと言う蓋状の薄い皮を作ります。
この作ったフラップを開いてみて、中にある角質にレーザーを当てる事により、角膜の形状を変えていきます。形状を変える事で屈折を治し、視力を回復させるようにします。その後開いたフラップを消毒して元に戻し終わりです。
これはレーザー手術(レーシック)の手術方法なのですが、イントラレーシックと言う手術方法もあり、これはフラップを作る工程の時、マイクロケラトームではなくレーザーを使います。これにより、手術後に起こるハロ等の症状を抑える事が出来るのです。
また今まで失明したと言う報告が無い事、イントラレーシックによって様々な後遺症の発生を減少させている事などからレーザー手術(レーシック)の安全性の高さも伺えると思います。



エコポイント制度スタート!家電品のあまりの安さにテレビ、雑誌の取材殺到!
激安!家電のタンタンショップは
こちら!


携帯電話と最新デジタルガジェットセット


【楽天トラベル】あっつい夏がやってきた!夏の旅行特集

 

posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 18:00 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシックと言う手術について

視力が悪くてメガネやコンタクトを着けている人であれば一度は目にした、耳にした事がある「レーシック」と言う手術があると思います。

まず近視の状態と言うのは目のピントを上手く合わせることが出来ないと言うのが原因なのですが、ピントを合わせるというのは角膜の厚みに対して合わせなければならないので、レーシックで角膜の方の厚みを変えて上げる事によってピントを合わせる様にしていくのがレーシックと言う物です。

レーシックとはレーザーを使って行うので、レーザーで角膜の一部を削る様な手術方法を取る事になります。

現在レーシック手術と言うのは世界各国で行われているので、珍しい手術ではないです。この手術の効果は高いし、手術時間は短いし、入院する必要もなく日帰り出来ちゃうので本当にメリットがたくさんある手術だと思います。

またレーシックのすごい所は自分が希望した視力にする事が可能らしく、例えば1.5にしたい場合は1.5に出来ちゃうし、2.0にしたい場合には2.0に出来ちゃうのでとてもすごい技術だと思います。

レーシックを受けたいと考えている人の大半はコンタクトを使用している人が多いらしく、メガネが嫌でコンタクトをしていたけど、レンズのケアは面倒だし、意外とコストはかかるしでもう煩わしいと思った人が、たった一回手術を受けるだけで良いのであればと言う事でレーシックを受ける人が多いみたいです。

またコンタクトやメガネは視力が悪くなっていく可能性がありますが、レーシックならば視力そのものを矯正するので、低下を防いでくれると言う効果もあるのです。



posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 18:00 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

視力回復のレーザー手術についての説明

視力回復をさせるレーザー手術に関してですが、いくら安全性が高いとは言っても手術自体は人の手で行われます。ですから110%大丈夫なのか?と聞かれたらそうとは限らないと言うしか無いのが現状だと思います。

でも視力回復に関わるレーザー手術に関しては基本的には安心で、問題が無いと考えても良い様に思えるレベルである事は事実です。

失敗と言うレベルでは無いにしろ、レーザー手術を行った後に一時的であるにしろ合併症や後遺症があると言う事も見過ごす訳には行きません。

ではどんな合併症等があるか心配ですよね?どんな合併症があるかと言うと、光に関する症状が多く、例えば光を見てみて何となく光り全体がボヤーッとした感じに見え、光の輪が出来ている様な感じで見える事があるそうです。
これを「ハロ現象」と言う様に呼んでいます。後は光を見るとものすごく眩しいと感じてしまう現象を「グレア」現象と読んでいます。

合併症が起きてしまうのはある意味仕方の無い事かもしれません。何故ならレーザー手術では角膜の一部をレーザーで削らなければならないのですから、何かしらの症状が出ても不思議はないですよね。

と上記で記述した様に考えてみると視力回復をする為の手術はいくら安全性が高いレーザー手術だとは言ってもある程度のリスクを負わなければならないと言う事になります。
そういった事をきちんと認識した上で手術に臨むようにすると心構えも変わってくると思います。



posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 18:00 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

視力回復に関するレーザー手術の方法

視力回復に関する方法としてレーザー手術があります。そのレーザー手術には1種類だけでなく色々な種類があるのをご存知でしょうか?
その中で一番有名で今や主流ともなっているレーザー手術が「レーシック」と呼ばれている「レーザー角膜屈折矯正手術」と言う手術です。

この「レーシック」と言う手術は目の角膜に直接レーザーを照射する事により、視力を矯正させると言う方法で、現在では物凄く人気がある視力回復手術になっています。
この手術の他にもイントラレーシックと呼ばれるレーシックより更に技術が進化した物もありますし、エピレーシックと呼ばれるちょっとレーシックでは手術が扱えないような近視が強い人、角膜が薄い人でも受けられる様な手術もあります。

視力を回復させるレーザー手術には手術を受ける前に受けられるかどうかの適応検査を受けなければなりません。
例えば適応検査で引っ掛かる人と言うのは、緑内障、白内障などの目に関する病気を患っている人、目の角膜が薄い人などが挙げられます。

次に手術の費用に関してですが、これは手術を行っている病院によってバラバラだと思います。この手術は自由診療と言う枠に入っている為に、病院側で費用を決定してもいいような設定になっています。
しかし大よその値段としては20万前後と思っていればいいのではないかと思います。しかし、これはあくまでも手術代としてなので検査代や薬代なども含むと更にかさむ事も了承しておきましょう。



posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 18:00 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

視力回復レーザー手術レーシックについて

視力を回復させる方法にレーシックと言うレーザー手術があるのですが、手術を受ける前に適応検査と言う物をしなくてはならず、不適応だと判断された場合には手術を受ける事が出来なくなります。
では、手術が受けられない場合とはどんな場合があるのでしょうか?

「角膜が薄い方は手術出来ません。」
「白内障等の目の病気になっている方は手術出来ません。」
「現在妊娠中の方、または授乳中の方は手術出来ません。」
「現在目の治療、特に近視治療を行っている方は手術出来ません。」
「18歳未満の方は目が成長している段階と考えられている為、手術出来ません。」
等、上記に該当する方は不適応と言う事になります。

また18歳以上でも未成年者の場合には保護者の同意が必要のため注意しましょう。

よく質問に片目だけ手術を受ける事が可能かどうかと言う質問を受けますが、片目だけでも手術は可能で、手術しないもう片方の視力に合わせてレーザーを当てて調整して行きます。

また、適応検査と手術は同日に行う事が出来ません。何故なら適応検査時に瞳孔を開く様な目薬を使っている為です。でも翌日には手術出来る様になりますので安心して下さい。

レーシックをする時には最低でも3回は通院しなくてはならず、「術前検査」「手術」「術後検診」を受けなくてはなりません。

またよっぽどじゃない限り手術同日に帰る事が出来ますので意外と気軽に受けて頂く事が出来ます。但しアイメイクは1週間ほど、避ける様にして下さい。



posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 18:00 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシックの手術効果について

視力回復レーザー手術「レーシック」についてですが、この手術を何回位受ければ視力は上がると思いますか?と言う不安を抱いている方はいるのではないでしょうか。
答えは1回の手術で視力を回復させる事が出来ます。しかし100%と言う訳ではなく、稀に視力が戻ってしまう人もいるそうです。

また手術後は手術の翌日から普通にメガネやコンタクト無しで見える様になる場合が殆どの様です。しかし個人差がありますのでこれに限りません。
このレーシック手術は遠視や近視、乱視の人であれば手術する事が可能なのですが、老眼に関しては矯正が難しいと言われています。

次に手術のリスクについてですが、レーシックでの一番の不安は手術が失敗して逆に目が見えなくなってしまう事があるのではないかと言う事だと思います。
今のところレーシックが失敗して失明したと言う報告は国内外共に無いそうですので、比較的安全な治療だと言う事が分かると思います。その理由としてはレーシックと言うのは角膜にレーザーを照射して屈折を矯正する手術であって、眼球内部には影響がありません。ですから失明すると言う事は考えにくいと言う事になります。

手術の時には点眼麻酔をするので、痛みは感じませんので安心して手術を受ける事が出来ると思います。また日本ではレーシックは最近導入された手術ですが、口コミも手伝ってか毎年手術を受ける人が増加しています。

手術費用ですが、大体20万〜50万円位かかると思います。安い治療費だとは言えませんが結果的にコンタクトやメガネ代と言った物がかからなくなりますので、長期的に見たら同じ位か安い感じになると思います。



posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 18:00 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシックでのデメリット

レーシック手術 のデメリット


レーシック とは視力回復が見込めるレーザー手術の事です。メリットもたくさんありますが敢えてここではデメリットの事を挙げてみたいと思います。

【デメリット】
・手術費用が高い
レーシック でかかる費用と言うのは決して安い物ではありません。但し長期的にみてメガネ代やコンタクト代を考えてみると結果的には安くなるかもしれません。この打開策としてはもし生命保険に加入していた場合、手術給付金が適用されれば格安になる場合があります。

・合併症の可能性
レーシック 手術の後、暫くの間は視力が多少不安定になる場合があります。またその他の症状としてはドライアイになる可能性もありますので、暫くは安定しない場合があります。

・安全性が確立されていない
レーシック 手術で失明したと言う報告は国内、海外ともに今の所何もありませんので、非常に安全性の高い手術だと思いますが、日本国内においては レーシック が導入されてからまだまだ歴史が浅いです。ですから長期間に渡っての経過報告がないので確立されていないと言うのが現状の様です。と言う意味から長期間に渡っての安全性が確立されていないと言う事になります。

・誰でも手術が出来る訳ではない
レーシック手術 を行う際には必ず適応検査と言う物を受けなければなりません。角膜の厚さなどを調べるのですが、結果によっては手術を受ける事が出来ない場合があります。また年齢によっても受けられないので、誰でも レーシック の手術が受けられる訳ではありません。





posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 17:01 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ http://www.e-imb.jp/hitomi/images/01scary_img01.jpg
老眼治療【予防と治療】
老眼治療とは老眼治療 治療の効果(1)老眼治療 治療の効果(2)老眼治療 治療の効果(3)老眼治療 治療の流れ老眼治療 老眼予防に関して老眼治療 目を鍛えるという方法老眼治療 レーシック治療(1)老眼治療 レーシック治療(2)老眼治療 老眼治療CK老眼治療 老眼の予防と対策(1)老眼治療 老眼の予防と対策(2)老眼治療 遠近両用眼内レンズ老眼治療 手術以外の老眼治療老眼治療 老眼は近視の人はならない?老眼治療 エピレーシック老眼治療 コンタクトレンズ老眼治療 治療関して老眼治療 老眼予防をするために老眼治療 老眼を回復させよう老眼治療 治療のリスク老眼治療 日本で行うことができるのか老眼治療 老眼と食べ物の関係性 老眼治療 食事 老眼治療 老眼改善に効果がある食べ物 老眼治療 老眼の予防と治療について 老眼治療 食物 老眼治療 ストレッチ(1) 老眼治療 ストレッチ(2)

メガネなしでもよく見えて1日3分で視力回復「ピンホールアイマスク」
レーシック 老眼治療 視力回復レーザー治療
NEWインターネット上の共通ポイントプログラム⇒ネットマイル
無料会員登録はこちらから
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。