総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事
パソコンを長時間使う人にオススメの健康食品

糖尿病の治療【網膜症】

レーシック 視力回復老眼治療 糖尿病
糖尿病の治療【網膜症】

糖尿病網膜症は、糖尿病になって血糖コントロールを十分しないままでいると、8年〜10年のうちにジワジワと発症します。
初期には自覚症状が少ないので、精密眼底検査を習慣づけましょう。
早期発見であればあるほど、治療の成功率が高いものです。
糖尿病の目の病気は、「網膜症」のほか、「白内障」「血管新生緑内障」などがあります。
網膜症とは、カメラのフィルムの役目をする網膜が損傷した結果、起こります。
網膜は、光や色を感じて脳に伝達する役割がありますが、そこには細かい血管が無数に広がっています。
糖尿病では、血液の粘性が強いため、この血管をつまらせたり、血管壁に負担をかけたり、細小血管症を起こします。
そのため、網膜の酸素や栄養が不足して、眼底出血や硝子体出血などの網膜症が起こります。
網膜症は進行にしたがって、「単純網膜症」「前増殖網膜症」「増殖網膜症」の3段階に分けられます。
糖尿病による「白内障」は、カメラのレンズである水晶体に糖分が蓄積され、白く濁ってしまうものです。
多くは水晶体を取り出して、プラスチック製の眼内レンズを入れると良くなりますが、重症の場合は、この手術さえできないこともあります。
「血管新生緑内障」は、カメラの絞りにあたる「虹彩」の周りには目の潤滑のため水が流れる構造になっていますが、ここに新生血管ができます。
糖尿病網膜症が重症になると、この新生血管のために隅角がつまり、そのために目の中の眼圧が高くなります。
そして、視神経の圧迫で視力が低下し、ついには失明してしまいます。
「単純網膜症」の段階ならば、血糖コントロールを上手に保てば、自然に治っていきます。
しかし、「前増殖網膜症」の段階では「レーザー光凝固術」、「増殖網膜症」では「硝子体手術」といった外科的手術が必要になります。
現在では、レーザー光凝固術など治療が進歩しましたが、それでも予防の鍵になるのは「血糖コントロール」です。
良好な血糖コントロールを目指して、食事療法や運動療法をねばり強く行った人は、網膜症が発病しにくく、進行もしにくいことがわかっています。
糖尿病網膜症にならないように、日頃から気をつけることが、最も重要なことです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

動脈硬化とは? 動脈硬化 原因 動脈硬化 食事療法

posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 09:08 | Comment(0) | 病気予防健康関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒアルロン酸注射で若返り

レーシック 老眼治療 ヒアルロン酸
ヒアルロン酸注射で若返り
http://hiraruron-san.seesaa.net/article/114842522.html

法令船.jpg


posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 10:02 | Comment(0) | 病気予防健康関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ http://www.e-imb.jp/hitomi/images/01scary_img01.jpg
老眼治療【予防と治療】
老眼治療とは老眼治療 治療の効果(1)老眼治療 治療の効果(2)老眼治療 治療の効果(3)老眼治療 治療の流れ老眼治療 老眼予防に関して老眼治療 目を鍛えるという方法老眼治療 レーシック治療(1)老眼治療 レーシック治療(2)老眼治療 老眼治療CK老眼治療 老眼の予防と対策(1)老眼治療 老眼の予防と対策(2)老眼治療 遠近両用眼内レンズ老眼治療 手術以外の老眼治療老眼治療 老眼は近視の人はならない?老眼治療 エピレーシック老眼治療 コンタクトレンズ老眼治療 治療関して老眼治療 老眼予防をするために老眼治療 老眼を回復させよう老眼治療 治療のリスク老眼治療 日本で行うことができるのか老眼治療 老眼と食べ物の関係性 老眼治療 食事 老眼治療 老眼改善に効果がある食べ物 老眼治療 老眼の予防と治療について 老眼治療 食物 老眼治療 ストレッチ(1) 老眼治療 ストレッチ(2)

メガネなしでもよく見えて1日3分で視力回復「ピンホールアイマスク」
レーシック 老眼治療 視力回復レーザー治療
NEWインターネット上の共通ポイントプログラム⇒ネットマイル
無料会員登録はこちらから
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。