総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事
パソコンを長時間使う人にオススメの健康食品

レーザー手術の最新技術

疲れ目に「パソネットPC-Eye」


視力回復によるレーザー手術の最新技術
レーシック 老眼治療と視力回復

レーシック治療迷ったら読む本―10分で近視が治る、最新レーザー手術のすべて

レーシック治療迷ったら読む本―10分で近視が治る、最新レーザー手術のすべて

  • 作者: 池田 宏一郎
  • 出版社/メーカー: 青林堂
  • 発売日: 2001/09
  • メディア: 単行本


 視力を回復させる為に行うレーザー手術は近年安全性の高さと手軽さが認められる様になり、それを受けて手術する人もかなり増えてきている様です。
このレーザー手術について、安全性の高さや特徴、手術方法等様々な事について記述してみたいと思いますから参考にしてみて下さい。
目の遠視や近視と言うのは眼球や角膜の屈折異常によって起きていると言って良いと思います。この屈折を目の外部から矯正しようとしているのが、馴染みがあるメガネやコンタクトです。
また、目の内部にある角膜の屈折を矯正しようとしているのが、レーザー手術なのです。
まず手術の方法についてですが、目の角膜の一部分を医療用超小型電動カンナ(マイクロケラトーム)で削り、角膜の上部分にフラップと言う蓋状の薄い皮を作ります。
この作ったフラップを開いてみて、中にある角質にレーザーを当てる事により、角膜の形状を変えていきます。形状を変える事で屈折を治し、視力を回復させるようにします。その後開いたフラップを消毒して元に戻し終わりです。
これはレーシックの手術方法なのですが、イントラレーシックと言う手術方法もあり、これはフラップを作る工程の時、マイクロケラトームではなくレーザーを使います。これにより、手術後に起こるハロ等の症状を抑える事が出来るのです。
また今まで失明したと言う報告が無い事、イントラレーシックによって様々な後遺症の発生を減少させている事などから安全性の高さも伺えると思います。







posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 05:57 | Comment(0) | 視力回復 レーシックと老眼治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

視力回復手術「イントラレーシック」とは!

疲れ目、かすみ目などの瞳のトラブルに「ルテインベリーアイ」   Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

視力回復手術
「イントラレーシック」
レーシック 老眼治療と視力回復

イントラレーシックで近視が治る!―メガネ&コンタクトを不要にした21世紀の近視治療テクノロジー
視力を回復させる手術に「イントラレーシック」と言うレーザー手術があります。「イントラレーシック」と言うのはどう言う物かご存知でしょうか?この「イントラレーシック」と言うのは「へエキシマレーザー」を使って視力を回復させる方法です。

視力を回復させる方法には昔のPRKと言うレーザー手術から始まり、レーシック、イントラレーシックに様変わりして現在の主流はイントラレーシックと言う手術になっています。

では「レーシック」と「イントラレーシック」の違いはどう言う物だと思いますか?下記に挙げてみたいと思いますので参考にしてみて下さい。

・手術後に起こる可能性がある、「合併症」「後遺症」の発症率はイントラレーシックの方が確率などが低いと言われています。
・イントラレーシックの方が手術後、視力が回復する速度も精度も優れていると言えるようです。
・「レーシック」では角膜が薄い人は手術適応外だったのですが、「イントラレーシック」では角膜の薄い人でも手術が受けられる様になりました。

と言う様なメリットがある為に現在では「イントラレーシック」を主流にしている眼科が増加して来ているようです。
ちょっと余談なのですが、今まではアメリカの空軍パイロットには視力矯正や治療などの手術に関しては一切許可されていなかったそうです。しかし、この新しい手術「イントラレーシック」に限っては許可が出るほど安全性の高さと、確かな効果が確認されていると言っていいと思います。

2週間で目が驚くほど良くなる本―読むだけで速効!視力回復トレーニング (王様文庫)

2週間で目が驚くほど良くなる本―読むだけで速効!視力回復トレーニング (王様文庫)

  • 作者: 松崎 五三男
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2003/04
  • メディア: 文庫




posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 19:28 | Comment(0) | 視力回復レーザー治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

視力回復 レーシックと老眼治療

・視力回復レーシックコム

疲れ目に「ルテインベリーアイ」

瞳の友で疲れ目リフレッシュ!!

・レーシック資料一括請求!!

ぼやけ、ゆがみに「ゼアキゴールド・アイ」

ピンホールアイマスク


momobgyoko.JPG

視力回復レーザー手術「レーシック」

最新 レーザー近視手術―視力回復手術レーシックの効果と問題点

「レーシック」と言う言葉を聞いた事がありますか?
視力回復に効果があるレーシック手術とは一体何の事なのでしょう。
今話題のレーシックと言う手術と言うのは近視を治す事が出来るレーザー手術の事を指しています。
角膜にエキシマレーザーと言うレーザーを使って角膜に照射して一部を削り、角膜が屈折している部分を正常に治して視力を矯正させると言う手術の事を指しています。
字で書くと難しい手術の様に感じると思いますが、手術時間も短時間な上、比較的安全である事から注目を浴びている視力回復方法だと思います。

レーシック手術のメリットとしては以下の様な事が挙げられます。

・痛みを感じる事が殆ど無いので安心
・手術時間が片目で10秒程と超短時間の為、不安を募らせないで済む
・手術が終わった後の回復も早いです。


このようなメリットが多くあります。

近年パソコンを使う人が増えてきた事から、視力も落ちている人が多くいます。そんな現代の状況を反映しているせいか年間手術を受ける人も増えて来ている様です。

視力を回復させる方法と言うのは結構色々あると思いますが、このレーシックと言うレーザー手術は結構有名だし、効果もそれなりにあるので良いのではないかと思います。
その効果と言うか、どの程度回復させる事が出来るのかと言うのはとても気になる所だと思います。

極端に言うと、視力が0.1無かった人が2.0になってしまう位すごい回復力があるのです。これは驚きだし眼鏡が無くても見える世界ってどのようなものか凄く期待しちゃいますよね。

ただ、目の角膜を削るのですから「失敗しないのかな?」と言う不安を持つ人も多いと思います。
もちろん100%成功と言う保障はどこにも無いけど、ほぼ大丈夫と言っていいと思います。失敗したと言っても先ほど2.0に視力がなる予定だったのが、1.5位にしかならなかったと言う程度だと思って戴ければいいと思います。

レーシックで視力回復≫続きの記事はこちら



視力回復と老眼治療

老眼になってしまった人にお聞きします。老眼って治らないって諦めていたりしませんか?

1.目を強く閉じる
2.5秒経ったら、パッと目を開ける
3.目を開けたまま目玉を右回転させる
4.左回転させる
5.5回くらい繰り返す


上記の方法は昔から老眼を改善させるために有効的だと言われている毛様大筋(水晶体を動かす筋肉)の鍛え方です。

とても簡単な方法なのですがデメリットとしてはなかなか効果が現れにくいので続かなくなると言った点が挙げられるでしょう。

ではもっと有効的な治療方法はないかと、日本でも2004年から老眼治療が取り入れられることになりました。

今日本で行われている老眼治療の方法とは、老眼治療の最先端を行くアメリカのFDA(米国食品医薬品局)で認可を受けている治療法で、「伝導性角膜形成術」という治療を行っています。
これは目の角膜にラジオ波というものをあてることにより角膜のカーブを変えていくという方法です。
治療と言っても施術時間はたったの3分ほどで簡単に、かつ安全に治療することができます。この治療によって老眼特有の手元の見えづらさが改善されます。
これは角膜周辺のカーブを変えていますので、近くを見ることが出来るようになり、カーブを加えなかった角膜中心部においては従来どおり遠くを見ることができるので、老眼鏡をかけなくてもよくなります。

では、そのアメリカの老眼治療は具体的にどの程度の視力の回復が期待できるのでしょうか。
そこで老眼治療の最先端をいくアメリカの機関FDAでは臨床結果をとったそうです。
老眼治療CKの治療をしたあと12ヶ月間の追跡調査をしたところ、約98%の人が老眼鏡をかけないで新聞を読むことができるようになったという報告をしています。
では老眼の人が老眼鏡無しで生活する上でのメリットとはどういうものがあるのでしょうか?以下に記述してみますので参考にしてみてください。

・雑誌や新聞を読むときにわざわざ老眼鏡を取り出さなくて済むようになった。
・老眼鏡をかけるという行為の恥ずかしさから解放された。
・出掛ける際に老眼鏡を忘れるといった心配をしないですむようになった。
・小さな文字が読めるようになった。
・腕時計をメガネ無しで読めるようになった。
・パソコンが楽に打てるようになった。
・階段を踏み外す危険性が減り、安心して階段の上り降りができるようになった。
・外に食事に行ったとき、メニューを誰かに読んでもらわなくてもよくなった。

など、本当にさまざまなメリットがあります。

ただし、効果には個人差がありますので、全員が全員同じような効果が得られるとは限りませんが、これだけの効果が得られる可能性があるのであれば、ぜひ治療するということを検討してみてもいいのではないかと思います。

老眼に悩んでいる皆さんに、老眼は治療できるので諦めないでくださいと言うことを覚えておいてください。


視力回復老眼治療≫記事の続きはこちら

イントラレーシックとは≫記事の続きはこちら
posted by レーシック 老眼治療と視力回復 記録の細道 at 10:03 | Comment(0) | 視力回復 レーシックと老眼治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ http://www.e-imb.jp/hitomi/images/01scary_img01.jpg
メガネなしでもよく見えて1日3分で視力回復「ピンホールアイマスク」
レーシック 老眼治療 視力回復レーザー治療
NEWインターネット上の共通ポイントプログラム⇒ネットマイル
無料会員登録はこちらから
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。